地震を予知できれば守れる命がたくさんある

作業員
メンズ

いつか来るもののために

東海地震は巨大地震とされており、近いうちに起こると言われているのです。この地震が起こると、交通がマヒして物流もストップするとも予想されており、復旧にもかなりの時間が掛かると言われています。そのため、もしものためにあらかじめ準備できるものはしておくといいです。
ヘルメット

あなたの防災危機意識

災害の代表例は地震です。地震はいつ来るかわからず、常に危機管理意識を持っておかなければなりません。災害の準備をしただけで安心してはならないのです。インターネットやテレビなどの媒体を通じて、地震予測情報をキャッチすることで災害時の対応を把握し、自分の身を守れるように活用していきましょう。

災害被害

関心が高まっています

関東地震は近い将来必ず発生するとされているものです。そこで、予めいつ発生するかの予測を立てているひとが多くいます。また、予測を利用する人も増加してきています。的中率はまだ100%ではないことから、あくまでも参考程度にとどめておく必要がありますが、防災意識を高めることにつなげることも可能です。

警戒宣言で国民の命を守る

作業員

東海地方を重点観測中

近年、その発生が危惧されている南海トラフの巨大地震ですが、発生確率は今後30年以来に70%超の確立で発生するとされています。現在では、この巨大地震の引き金となる可能性がある東海地震の予知研究が活発になっています。一般的に地震予知とは学術的な観点からみて、科学的な方法によって時期や発生エリア、マグニチュードの規模などの三要素を論理立てる予測をさします。ただし、国内においては警報につながる様な決定論的な予測の場合を、予知として定義しています。現状の地震予知は、世界においても決定的な予知が出来た例はほとんどなく、実際に予知によって警報などの発令が出たケースはここ30年ではありません。しかし、国内においては東海地震の予知を可能にしようと、常時観測が行われております。

警戒宣言発表で迅速な避難

現在、観測により巨大地震の予兆をキャッチして、事前に情報を国民に伝えて人的被害を抑えようとする試みが、東海地震に限って行われています。もし、予兆をキャッチして数日内に東海地震が起こる可能性が高いと、気象庁や政府が判断した場合は発表情報が即時、テレビなどを通じて出されます。この発表時情報には3種類あり危険度が低い順に、調査情報、注意情報、予知情報となっています。なお、予知情報は東海地震の発生が極めて高いと判断された時に、気象庁から発表されますが、同時に内閣総理大臣から警戒宣言が発表される仕組みになっています。警戒宣言が発表されたら国や自治体の指示に従い、対象地域の住民は速やかな避難が必要となります。